キャッシング履歴はどのくらい残るのか?影響は?

アコムのキャッシングを申し込んだ際の審査では、過去のキャッシングの履歴を照会されることとなります。

 

過去にキャッシングで返済の遅延などがあった場合はそれがマイナスになってしまうわけですね。
どこのキャッシング業者でも利用すれば信用情報機関にその情報が残されることとなります。

 

キャッシングをした履歴はできれば消したいと考える方がほとんどでしょう。
一般的にもキャッシング=借金ですからあまり印象は良くないですからね。
ですがキャッシングを利用した履歴を消すというのはまず不可能な話です。

 

仮にキャッシングを利用して借り入れをして、すぐに全額返済したとしても利用したという履歴についてはそれから一定期間は確実に保存されることになります。

 

ではこの一定期間というのは一体どのくらいなのか?ということですよね。
一定期間ということはいつかはその履歴も消されるということです。

 

実際のところキャッシングの利用履歴は5年間残ることとなります。
これは利用開始からではなく、完済してから5年間なので、完済しないといつまでもその履歴が残り続けるということになりますので注意が必要です。

 

借り入れから完済までに時間がかかるようであれば、履歴の情報は5年以上に渡って残されるということになるわけですね。

 

普通に考えて5年間というのはかなりの長期間です。
5年の間にはいろんなことがあるでしょうから、なんとかして履歴を消せないかと考える方が多いのも自然のことでしょう。

 

しかし、先述の通り一度キャッシングを利用すれば何をしようとも必ず履歴は残ることになります。
ですから利用する際にはその点についてはよく考える必要もありますね。

 

ただ、キャッシングの履歴が残っているというだけで困るということはほとんどありませんのでそこまで気に病む必要もありません。

 

キャッシングを利用しているというだけで何かがマイナスになるということはなく、
問題となるのはそのキャッシング利用の中で、期日までに返済をしなかった遅延・延滞の記録があった場合です。

 

ですから毎回きちんと期日までに返済をしてなんの問題もなく完済しているということであれば、履歴が残っていてもなんの問題もないということです。

 

そして、キャッシングの履歴についても各キャッシング業者や信用情報機関が個人情報としてキッチリ管理していますので、外に漏れるような心配はありません。

 

例えば家族や友人、会社の同僚などにそこから情報が知られてしまうといった心配はないということですね。
金融機関などが信用情報として照会しない限りは外に出ない情報ということです。

履歴は契約毎に残るのか?履歴の残り方について

前述のようにアコムのキャッシングを利用したらその履歴は5年間残ることになります。
ただこれは契約ごとに定められています。

 

仮にアコムのキャッシングで借り入れをし、その後完済をしてから4年が経過した場合、残り1年で5年経過したということになって履歴は消えることになりますよね。

 

しかし、ここで5年経過する前に再度アコムのキャッシング利用した場合、そこからまた保存期間が5年伸びるということになるわけですから、4年前の利用履歴もさらに5年後まで残るということになります。

 

つまり、借り入れをした時点から5年ではなく、最終利用から5年間、それまでの全ての履歴が残るということです。

 

4年も経過しているとさすがに忘れている方も多いでしょうし、延滞などしていなければ問題はありませんが、このことは知っておいて損はないでしょう。

 

また、逆に過去にまともに利用している履歴があるということであれば、新たに借り入れをしたいとなった際の審査でプラスになるケースもあり得ます。

アコム申し込み