アコムの審査に通るために知っておきたいこと

キャッシングは困った時にお金を貸してくれる大変便利なものですが、借りたいからと言って誰でも借りられるのかというとそうではありません。
キャッシングを利用するためには審査に通らなければいけないのです。

 

アコムのキャッシングでももちろん審査があり、アコムが定める審査基準をクリアした方のみ契約して融資を受けることができます。

 

審査に受かるためには借りたお金をきちんと返済する能力が求められます。

 

審査はきちんと行われるものですから、審査に落ちて融資を受けられない可能性もあります。

 

キャッシングの審査は厳しいというイメージがあり、申し込みをしても借り入れできないかもと心配している方も多いかと思いますが、アコムの審査を通るためにはいくつかのポイントがあり、それを知っておけば審査に通る可能性を高めることもできるでしょう。

 

アコムの審査をクリアするためのポイントを3つ紹介しますので参考にしてみてください。

 

きちんと返済できるだけの経済的な能力

まず何をおいても重要となるのが返済できるかどうかということですよね。
アコム側からしてみれば人にお金を貸すということはリスクあるわけですから、きちんと返済できる見込みがない人には貸してくれません。

 

返済できる能力があるかどうかはきちんとした収入があるかどうかがまず重要です。
当然無収入では返済能力もないですから審査に通るはずもありません。

 

もちろん収入があるとは言ってもどのくらいの収入があるのかというのが非常に重要になります。

 

どのくらいの収入があるのか、それはそのままどのくらいの返済能力があるのかに繋がってきますからそこを審査では見られるわけです。

 

一般的な社会人として仕事をして毎月安定した収入があるという方でしたらこのポイントについてはまず問題ないでしょう。

 

中には一般平均よりも月収が少ないということでどうかと思っている方もいるでしょうが、きちんと毎月収入があるならそれほど心配する必要はありません。

 

収入が安定しているかどうか

収入があるかどうかが重要なのはわかりましたが、その安定性というのも重要視されています。
毎月収入があったとしてもその金額が毎月大きく変動するということだとアコムからすれば不安ですよね。

 

先月はたくさん収入があったけれど今月は少なくて返済できない、なんてことになると困るわけです。
ですから一定の期間で安定した収入があるということも大切になります。

 

収入の安定性は主に勤続年数で判断されます。
同じところに長年勤めていれば当然収入も安定しているはずです。

 

勤め始めたばかりだったりコロコロと仕事を変えているような人は、またいつ仕事を失い収入が無くなるかわかりませんから審査ではマイナスとなります。

 

勤続年数についてはだいたい半年以上は同じ仕事をしていれば安定していると考えられ問題にはならないはずです。

 

他社からも借りている場合、そのローンの残高

実は収入面よりも重要と言われているのがローンの残高についてです。

 

すでにアコムのキャッシング以外の業者であったり、あるいは住宅ローンやカーローンなどといったローンを利用しているという方の場合、その借り入れが残っている状態でアコムに申し込みをすると審査では大きなマイナスと見なされます。

 

十分な収入があったとしても、他にローンがあるとなると当然その返済も必要ということになりますよね。
ですからアコムからすれば返済能力が低いと査定されるわけです。

 

もちろん、ローンの残高がいくらなのか、何件あるのかなどによっても審査は変わってきます。
少額のローンが1件だけ、なんていう場合であればそれほど大きなマイナスにはならず無事審査に通る可能性も高いでしょう。

アコム申し込み