アコムの借り入れ利用限度額

アコムでのキャッシングでお金を借りたいという方は多いかと思いますが、希望した金額を全額借りられるかどうかはわかりません。
キャッシングには利用限度額というのが利用者それぞれに設定されるからですね。

 

例えば自分が100万円必要だったとしても、限度額がそれ以下に設定されていればそれ以上の金額を借りることは不可能です。
また、キャッシングの「限度額」には二種類あるため、その違いについてはきちんと把握した上で利用するようにしましょう。

 

しっかりと理解せずに利用すると勘違いでトラブルになってしまうこともあります。
逆にきちんと理解していれば思っている以上に借りることができる可能性もあります。
どういった違いがあるのか確認してみましょう。

 

業者ごとの限度額

1つ目の「限度額」はキャッシングの業者がそれぞれに定める限度額です。
キャッシングの業者は一律にこの金額まで、と決めているわけではなく、利用者をそれぞれ査定して限度額を設定します。

 

限度額の査定は審査の段階で行われ、その利用者の年収や他社からの借り入れなどの情報に基いて設定されます。

 

キャッシング会社のサイト等で融資の情報を見ると最大で数百万円という数字が出ていると思いますが、あくまでこれはその会社の最大の限度額のことであり、
利用者個人個人に設定される限度額はまた別であるということを理解しておきましょう。

 

中には審査に通りさえすればその数百万円という限度額で借り入れができると勘違いしている方もいます。
いきなりそんな金額を借りられるわけはありませんので、契約時に自分の限度額がいくらに設定されたのか確認しましょう。

 

利用者個人の限度額

キャッシング業者が利用者相手に設定する限度額とは別に、利用者個人がいくらまで借り入れができるかの限度額というのもあります。
これはキャッシング業者に対してではなく、法律で定められた個人の限度額です。

 

これは貸金業法という法律で定められているものであり、2010年の改正の際に新たに導入された総量規制という規制に基づくものです。
総量規制では個人の借り入れの限度額はその人の年収の3分の1までと定められています。

 

仮に年収が300万円であった場合、その3分の1ですから100万円までが限度額になるということです。

 

これはその人個人の限度額なわけですから、仮にある業者から50万円借りた場合、他の業者では残りの50万円までしか借りられないということです。

 

また、あくまでもこの限度額は法律上の限度額になりますから、この限度額までを業者が貸してくれるということではありません。

 

アコムでキャッシングをする場合にこの法律上の限度額いっぱいまで借り入れすると、他の業者ではそれ以上借り入れすることはできないということになります。

 

逆に他の業者ですでに年収の3分の1までいっぱい借り入れをしているという場合もアコムでは借り入れができないということになります。

 

どちらの場合もまだ限度額まで余裕があるのであれば契約して借り入れをすることは可能です。

 

申し込みをする際には他の業者ですでにいくら借り入れをしているかは正確に申告しなくてはいけません。

 

これは信用情報で確認されますから、虚偽の申告をしてもバレてしまいますし、法律上の限度額ですからそれ以上借りることは違法ということになりますね。

アコム申し込み